2006年 10月 27日

仏産、天然のセップが入りました

d0089445_8114446.jpg

仏:Cepes
日:セップ(ヤマドリダケ)
今年はセップが(仏産)あまり取れていないそうで貴重な入荷となりました。物凄く大ぶりですのでくし切りにして軽くソテーします。
日本のマツタケにあたる食材で品種は違いますが歯ごたえと香りが特有で茸の王様として秋に出回ります。

ちなみにイタリア語ではポルチーニ茸。

虫食いで所々、穴が開いていますが無農薬で作られた証しの茸、もしくは天然の茸の証拠です。

この辺が日本の食材とは違う所です。見た目も大事ですがなにより育った環境や農薬を使用していない商品が持つ虫付き、穴あきを平然と販売する。
農薬大国と言われる部分をも併せ持つフランスですが最近のBIOワイン影響によりのきっちりと境界線が分かれています。
[PR]

by fumi-sama | 2006-10-27 08:29 | Nourriture 当店の食材の事


<< オコゼが入荷です。      今週の和牛、佐賀・多久牛の鞍下... >>