Un journal de 1ercru

premiercru.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 12日

ニコラ・ジョリー 1995

d0089445_7134314.jpg
ストラスブールへ向かう途中でカイゼルスベルグと言う町に寄り道。
そこにあるレストランでニコラ・ジョリーのクロ・ド・ラ・クーレ・ド・セランを発見し日本では考えられない程、安かったので飲みました。
ニコラ・ジョリーはビオ・ディナミの伝道師と言われるほど、ワイン造りには事欠かない存在で、
フランスの白ワイン、イケムやモンラッシェと並び5本の指に入る代表的な白として人気があります。抜栓してからコルクを挿しただけでしたが、飲み頃になったのはストラスブールに持って帰り3~4日後でした・・・・。おそらく抜栓後1週間以上たって初めて真価を発揮するワインでしょう。
1995年とはいきませんが、当店プルミエ・クリュにもあります。御希望のお客様は数日前から抜栓しておきますので御申しつけ下さい。

カイゼルスベルグで賑わっているお肉と自家製のお惣菜屋さんで色々、仕入れて後日ストラスブールの貸し部屋で調理しワインと合わせて楽しみました!
d0089445_80712.jpg
[PR]

by fumi-sama | 2006-12-12 08:01 | Vin ワインの事


<< ストラスブールに到着1      クリスマスディナー空き状況 >>