Un journal de 1ercru

premiercru.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 30日

お客様の持ち込みワイン(当店では持ち込み料を頂いています)

d0089445_846757.jpg

VOLNAY 1945年
Bernard Vaudoisey-Mutin:ベルナール・ヴォードワゼ-・ミュタン

Vosne Romanee 1ercru Clos des Reas 1999年
Domaine Michel Gros:ドメーヌ ミシェル・グロ

先日はご贔屓にして下さるお客様の誕生日のお祝いであり、プロのピアニストの方もご同伴で御来店下さいました。Yさん(おそらく世界中で見てもトップピアニストに属す為、お名前は載せてはいません)はとても注意深い方で、動作が慎重かつ大胆な方でした。この方の演奏は繊細な人柄を表しているのだろうなと判断できる。

今までにウィーン室内管弦楽団、ベルリン交響楽団、サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団、ブダペスト祝祭管弦楽団、エーテボリ交響楽団を含む国内外のオーケストラと共演し、各世界的コンクールも上位入賞、1位不在のショパンコンクールにも最年少での3位に輝いた経歴があります。
プラハの春音楽祭、ヤナーチェックの5月の音楽祭、クフモ室内楽音楽祭、トゥレーヌ音楽祭等の海外の音楽祭への出演、またニューヨーク/カーネギーのリサイタルホール・デビューをも果たしている。01年にはサンクトペテルブルグにて同フィルハーモニー交響楽団との共演、またリサイタルデビューを果たし、絶大な喝采を浴びる。
と言った輝かしい音楽人生の方です。興味がある方にはYと言うイニシャルだけで判りますね。

その方にワインをグラスに注いで頂き、仕事をしているマダムと私の所までワインを持って来て下さいました。  又、帰られる際にはしっかりと握手もしていただき、感激です。
ワインも身震いするような存在感があり、とても60年以上前のワインとは思えない程健全で、軽いのに目が詰まっていて凄い凝縮感、甘い香りと熟した果実、適度に心地良い熟成香が楽しめ「古いワインですので早めに味見して下さい」とYさんから声を頂きましたが、帰られる際にまで全然折れずに繊細でありつつも強固なスタイルが存在しておりました。

お陰で良い仕事収めになりました!ありがとうございました。
[PR]

by fumi-sama | 2006-12-30 09:11 | Vin ワインの事


<< 謹賀新年      雲子(真鱈の白子) >>