2007年 01月 31日

メバチマグロのカマトロ・中落ち・赤身が入りました

d0089445_7384144.jpg

メバチマグロ、バチマグロ等呼ばれる。一般的にスーパ等で安く流通しているマグロの実に7割はこのメバチマグロです。
目がバチッと大きい事からメバチ、バチマグロと言われる。通常安くで流通している物は冷凍の海外からの輸入品ですが、日本でも九州や銚子等でも新鮮な生が取れる。(フレッシュは新鮮で赤身が絶品で値が上がります)
旬は夏前と今の2回で、夏は九州から四国、冬は銚子沖で取れます。特に冬の時期の方が脂が美味しく、赤身の味が濃厚で、味が深い。暑さに弱い本マグロより美味しい時期もある事はあまり知られていません。(金額が逆転する事もあるぐらいです)

この中でも生の状態(近海物)が味が良く、絶品だとされています。
今回のも勿論、国産の天然物、フレッシュのマグロです!ランチ、ディナーのオードブルに使用予定。
30~40人前で終了です。画像のカマで直径が60cm位あり車のハンドル以上の大きさでした。
関西人はマグロが大好きですので、魚屋に勧められるとついつい仕入れてしまいますが
ノコギリで格闘している所を酒屋さんが配達に来て、少し引かれました・・・。
[PR]

by fumi-sama | 2007-01-31 07:53 | Nourriture 当店の食材の事


<< digestif(食後酒)      神戸からの届き物 >>