Un journal de 1ercru

premiercru.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 21日

Cannelés de Bordeaux 

d0089445_8233258.jpg

1月よりカヌレ・ド・ボルドーが焼きあがっています。

ここ最近、御来店下さったお客様には御提供済みですがお知らせ忘れていましたので御紹介します。
フランスのボルドー地方の修道院で生まれたお菓子で逸話が色々ある焼き菓子です。元々カヌレとは縦に溝がある銅製の円錐型を指し、その型を使い焼き上げる事からこの名前が付いています。外側はこんがりと焦げた色で中はもっちり柔らかい癖になりそうなお菓子・・・・。
外交貿易が盛んだったボルドーの河川で積荷の砂糖や粉がこぼれているのを当時の修道院僧が拾い集めて作ったとも言われています。

昨年の2月にボルドーへ行った時にあらゆる場所で珈琲には小さなカヌレが付いており、楽しませていただきました、「その内プルミエクリュでも御提供したいなぁ」と思いカヌレ型だけを購入して帰っていましたがやっとその日が来ました。何かとしたい事やしないといけない事が山積みですので遅くなってすみません。。。1年目にしてやっと日の目を浴びれます・・。

カヌレ型に溶かした蜜蝋を薄く塗って、アパレイユを流してしっかり焼く。至って簡単ですが意外と蜜蝋の扱いに苦戦する為に少し難かしいお菓子です。
奥に見えるのが精製した天然の蜜蝋(蜂蜜が巣を作る時に分泌される蝋)。溶かして型に流し込み蝋燭を作るととても良い香りがします。今度時間が出来たら作ってみますのでお楽しみにして下さい。
[PR]

by fumi-sama | 2007-02-21 08:33 | Ma Cuisine 私の料理


<< 根室産たらば蟹      茂木産天然赤甘鯛 >>