Un journal de 1ercru

premiercru.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 03日

マグロの赤身

d0089445_863424.jpg
以前、お伝えしたように私の実家がある神戸の人はマグロの赤身が大好きです。
ですので1ercruではオードブルで頻繁に使用します。(タイミングによってと言う事です)
今年はクルミと合わせてご提供させていただくオードブルを考えました。
イマイチ苦手な方もマグロの血の臭みが一切感じないような料理です。一度お試し下さい。

これに限らずですがアレルギーや苦手で食べれない物があると言うお客様はお電話の段階で必ずお伝え下さいますように御願いします。
何故なら「アレルギーは何も無いです」と言うお客様に限って意外と食べない食材が多かったりします。
当店プルミエクリュでは不特定多数の方に合わせた料理やメニューの種類、価格帯をご準備したお店ではありません。その日の食材やメニューは最低限しか御座いません。
皆様が御存知の日常的な食材や、特殊な素材、好き嫌いが出るような食材、フランスからのフランス料理としての専門的な食材、等色んな食材を使用します。

私共は御予約のお電話を頂いた時点でお客様の声や予想される年齢によってアレルギーはあるのか?プルミエ・クリュへの来店は初めてなのか?最近はいつ頃の御来店があったのか?何かのお祝い事なのか?接待なのか?何方かのご紹介なのか?と聞く事が御座います。

少々、堅苦しく思われ早く切りたがるお客様も少なくはありませんが、それは当店に御来店下さるお客様にとって最良の時間であるように最上の努力と準備で接客を心がけたいと思う考えからです。数週間先の御予約であってもお電話でお話をした時からそのお客様への料理の構成、仕入れ、仕込みの段取り、ご提供するお皿合わせ等を踏まえて、そのお客様が当店に足を運ばれる数週間前から、その方の為の我々の仕事は始まっています。御予約の方の為の料理を考えていますので、その日に冷蔵庫にある物を適当に仕上げている訳ではございません。(よく、冷蔵庫にある物で即興で仕上げるのが料理人の腕の技量でもあると言われますが、他の御予約のお客様のお料理に支障を来たす場合がありますので、場合によってはお好みに合うように最善を尽くせますが、タイミングによって他のお客様の料理に支障が出るようであればお断りしております)

我々が出来る事は限られています、最後の最後でご満足頂けるにはお客様のお力添えがあっての事です。
当店において御予約とはお客様が御来店くださり当日、お席で満足して頂く為の簡単な契約です。お客様の趣向をお伺いしそれに応えれるように万全の準備をする為の・・・・。
ですので最初のお電話で当日の良し悪しが決まると言っても過言では無い大事なやり取りです。

本当に良い食事、時間、経験だったと思っていただけるようにはお客様の御協力も不可欠である事をご理解、御協力下さいますよう御願い申し上げます。
[PR]

by fumi-sama | 2007-03-03 08:06 | Nourriture 当店の食材の事


<< Mousses au Cara...      ブラウンマッシュルーム >>