Un journal de 1ercru

premiercru.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 11日

再、岩手産殻付き帆立貝

d0089445_8231440.jpg

以前にも記事にしましたが美味しい時期ですので、もう一度アップしておきます。
プルミエクリュでは北海道産では無く、勿論剥き身でもなく、瞬間冷凍の剥き身でもなく、岩手産の殻付きを好んで仕入れ、御提供しております。
産地は岩手県の宮古港と言う港の物になり、昔勉強したリアス式海岸になっているところです。
このリアス式海岸の影響で岩手県は最上の漁場とされ全国へ高級な魚介類を出荷している港です。
北海道産との違いは身が大きく、締まっており剥いてもダランとならないので筋力が発達しているのが判ります。更に山の栄養を含んだ雪解け水が川に流れ出し、河川沿岸の港で生活する魚介類に美味しさと豊富な栄養分を与えます。
私が殻の分や送料がかかり割高になってまで殻付きを仕入れるには訳があります。
それは、身の部分は当然ですが肝がとても美味しいからです。昨今、殻付きは色んな理由から人気はありませんが(前回の記事参照肝を食べる事に大きな意味がある貝の種類だと思います。帆立は一般的には発達した貝柱を食べる物であると認識されてしまっているので肝を食べれる機会は少ないと言えますが、新鮮な帆立の肝は貝柱の部分よりも美味しく栄養が詰まっており貝柱以上と思える味が潜んでいます。
是非、堪能してみて下さい。
[PR]

by fumi-sama | 2007-03-11 08:23 | Nourriture 当店の食材の事


<< Christofle      近況のまとめ >>