Un journal de 1ercru

premiercru.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 17日

Christian Binner氏 セミナー

d0089445_7591461.jpg


Merci pour monsieur Binner.
Je vous contacte tôt autant que possible. C'est même plaisir qu'il peut rencontrer la prochaine fois. Aimons ensemble alors du vin.
Au revoir et á bientôt

先日、お昼を閉めてアルザスワインの至宝クリスチャン・ビネール氏のセミナーを受けて来ました。
横の座られる女性は現在とても有名なドメーヌ・ボワルカの当主でもあり、ワイン輸入会社コスモジュンの代表と2足のワラジを履きこなしている新井順子氏です。テレビを見られた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は1本だけ御自信のワインを持って来ておられましたが、完全に輸入会社の社長兼通訳としてビネール氏の頒布に努めておられました。
ビネール氏の畑は去年、アルザスに行った時に迷って行けなかった事もあり是非今回のセミナーに参加し、色んな種類のワインを試飲したかったので急遽参加しました。
セミナーが始まる前に到着したビネール氏に去年彼の醸造所へ行こうと思って着けなかった事や今年は是非、遊びに行きデギュスタシオンを御願いしたいと申し出ると10月は収穫のとても忙しい最中にも関らず「勿論!!是非来てね。」と言い電話番号とFAX番号、メールアドレスまでくれました。
とても気さくで裏表が無く、真摯に畑へ向かっている生産者で典型的なハートフルタイプのフランス人と言ったイメージがあり、これは絶対に行きたい・・・と気持ちも高ぶってきました。

2004年に彼の畑でフランス全土に衝撃を与えるような事件があり新聞の一面にも載ったそうですが、そのお陰で念願のチャンスも手にしたと逆境を乗り越え現在はとても充実し毎日が楽しいと言った感じで新しいキュヴェの話も聞けました。新井さんのお陰で日本のみその恩恵を与えられる事にもなったそうです。その話を聞き、是非その畑を見、現地で先に飲んで来たいと思っております。

会場はとても狭く、世界を引率する人達が来るような場所でも無く、この仕事に従事する専門の人も聴衆にも来ておらず、セミナー中もBGMを切ってもいない、テレビ局のお偉い様が酔って酔狂を垂れている・・・・そんなお粗末さでとても失礼に感じ、心苦しかったですが私にとってはとても良かったです。

どれもがとても美味しかったのですが、おそらくそのような事を踏まえて全て下位キュヴェで、一般的に日常的に消費するワインでしたので少し残念度は残りましたが・・。
こんな恵まれた機会はそう無いと思います。都会でしたら人だかりになっていたでしょう・・・・・。
[PR]

by fumi-sama | 2007-03-17 07:59 | Vin ワインの事


<< 岩手 花巻産白金豚(プラチナポ...      岩手 花巻産白金豚(プラチナポ... >>