Un journal de 1ercru

premiercru.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 25日

久しぶりのボルドーワイン

d0089445_8171734.jpg

先日、久しぶりにボルドーを頂きました。
しかも、レコルテ(瓶詰め)1958年!!凄く貴重なワインをいただきました。
LEOVILLE LAS CASES 1958 サン・ジュリアンの偉大なワイン、レオヴィユ・ラス・カスです。
(レオヴィル・ラス・カーズ等) 色合いは深く濃いく、黒い。タンニンが多くスケールの大きさを感じさせるワインで熟成させて飲まれる事を前提に作られるワインです。
現在の5大シャトーと言う考え方だとその第6番目のワインだと言われるとても偉大なワインです。
さすがにここまでの熟成期間だとタンニンは取れ、まろやかさや、軽やかさを感じ取れ一瞬ですがブルゴーニュに通じる物を感じ取れます。(例えであって、全く別物ですが・・)

嗚呼・・・・。又あのサンジュリアンへと続く1本道をバスに揺られてフラフラ~と行きたくなります。。。。

いや、今度は絶対レンタカーで行こう!!と決めております。思い出の地ポイヤックも絶対に寄って1泊はしたいなぁ。
アニョー・ド・レ=ポイヤック産の乳飲み仔羊を見に行きたい・・・。

最近は滅多に飲まないボルドーですが一口、喉を通すとあの畑に囲まれた1本道を思い出し、とてもナイーブな気持ちにさせてくれる・・私にとってとても大事なワインの産地です。
[PR]

by fumi-sama | 2007-03-25 08:47 | Vin ワインの事


<< 花咲きガニ入荷しました      北海道産天然帆立 >>