2007年 04月 13日

パンの味を少し変えました

最近、パンに少しだけ香辛料を加えて焼き上げています。(微量ですので癖はありません)
d0089445_7534692.jpg

ディナーのプティ・フランスに独自でミックスした香辛料を加えています。
聞き覚えがある物を挙げるとクミンやコリアンダーです。あと数種類は企業秘密・・・・・。

食欲を増進させ、消化も助けますので香ばしさを求めて食べていると、アッと言う間に食べ終わると思います。

このパンがお好きで楽しみにして頂いている方にはお知らせしなくても直ぐに判って頂いた様で・・。
私の個人的な考えでパン用のバターはお出ししておりませんが、最近は逆に喜んでいただけているようでとても嬉しい限りです。
良い粉を使用し天然酵母でじっくり醗酵させて粉の味を最大限まで引き出しますので、ストレートがとても美味しいです。よくパン屋さんにありがちなイースト臭がプンプンするパンでは御座いません。
イーストは昔、パンの醗酵が天然酵母だけだった時代に合理的に失敗も無く、早くパンを醗酵させれるように開発された人工的な醗酵材です。
早く醗酵し、早く膨らみ、早く焼ける分、粉の味が引き出されてません。この流れがパンにはバターを塗らないと味気無いと思う習慣をもたらしたとも思います。

天然酵母が粉の成分を食べ、排出されるガスの成分でゆっくりパンが醗酵し膨らむ工程の段階で粉の味が引き出され、何とも味深いパンができあがります。

(特に焼けたてのイースト臭=パンの味と勘違いされている方も多いですが・・・)
万が一、何かを塗ってお召し上がりになりたい場合はソースを付けていただけるといいかと思います。

最後に、パンをフォーク、ナイフで切ろうとされる光景を偶に拝見します。
当店のパンはフォークナイフでは切れません。手でちぎってお召し上がり下さい。
[PR]

by fumi-sama | 2007-04-13 08:16 | Ma Cuisine 私の料理


<< 大瀬戸産伊勢海老・再入荷      禁煙、携帯禁止・・・・・。 >>