Un journal de 1ercru

premiercru.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 20日

ふと思うこと

d0089445_819438.jpg

来月で開店5周年を向かえます。もっと長くされているお店も御座いますので「5年何か何て無い」と言われるかも知れませんが・・・・。
私にとってはとても長く、困難な5年でした。自分で望んで来たとは言え誰にも頼る事も出来ない地で初めから全て立ち上げ、今まで絶えず変革し、何とか今があります。

当然、土地が違えばその土地の方達の考え方も違い、お店同士の関係も、人同士の接し方も、お店の在り方も、接客方法も、お客様の意識も・・私が暮らして仕事をしてきた地元とは全く違っておりとても困惑する事が多く思います。
初めてお店をする時はお店とは、経営とは、接客とは等・・誰しもが手探りなのでしょうが、私の場合お店以外でも対人関係や言葉使い(関西弁ですの相手に不快感が無いかとても気を使います)長崎の経済状況、文化の違い、求める事の違い、当店のようなお店の是非、起業する為の公的基金の借り入れすら間々ならず、余所者としての無言のプレッシャーが色んな所から圧力があったとヒシヒシと感じます。

少し大袈裟ですが、これから先も私にしか感じない色んな重圧が沢山あるでしょう・・・。5年・・・その重圧を踏み固めてやっと土台が出来、基礎が固まり始めた頃かなぁ。。とも思います。
その上にはどのような建物が構築されていくのでしょうか?新しい方向性も視野に入れ何かに常にチャレンジして行きたいと思います。そうしてあらゆる不安や迷いを振り払うためにも。。。。。
[PR]

by fumi-sama | 2007-05-20 08:52 | Magasin お店の事全般


<< 昨夜、お越しのお客様へ      クロマグロ(養殖)が入りました >>