Un journal de 1ercru

premiercru.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 07日

5周年

d0089445_7394627.jpg
本日で無事5周年を迎えました。
オープン当初から今まで、ずっと大事にして下さっているお客様には本当に感謝しております。又、移転後から初めて御来店下さり、以後気に入って通って下さるお客様にはこれからも宜しく御願いします。(皆様のお陰で当店は精神的に頑張って来れていると言っても過言では御座いません)
更なる飛躍を求めて日々勉強し、皆様と感動と驚きを共有できる存在のお店である事を努めます。
画像は5年間毎日、頑張ってくれたマダムへの御褒美(貰いすぎのような気もしなくはないのですが。。。。)
クリストフルのスターリングシルバー製(92.5%の最高純度の銀。それ以上の純度ですと強度が無く、直ぐに壊れたり曲がったり凹んだりする為わざと少量の混ぜ物を造ります。)のポットのピンブローチ。。
以上の説明のようにフランスの銀製品は昔から少しの混ぜ物が多いです。それは銀の食器やカトラリー製品は飾りではなく実際に使用し普段の使用に問題が無いように考えられて作られる為です。
とても素晴らしい考えだと思います。飾り忘れられるのではなく、日常に贅を感じられる物を使用する。毎日の食事を楽しく、気持ちよくする為の大事な道具。又それらを子供の子供の代まで受け継ぎ物を大事にする。。。逆に
安く壊れやすい使い捨て商品を大量生産し、壊れては捨てる。飽きたら買い代える。どんどん消費しゴミも増やし気が付けば安いものを買ったつもりでも安い買い物では無くなっている。。。。本当はどちらが無駄に贅沢なのか考え直さないといけない時代が来ているのではないでしょうか?

私は食事に関しても同じように思います。数を重ねるよりも高くても思い出に残るぐらい、もしくは貴重な時間を大事に使え、全てが満たされるお店。
レストランと言うカテゴリーのお店は多数あるかと思いますが、当店はこのような分類のお店である為に日々、努力しております。

当店は小さなお店ですが皆様には私の生まれ育った神戸でのレストランの有り方や料理、雰囲気更にはフランスの一角でありたいと日々、一切の妥協を廃し営業させて頂いています。
ただ、満腹になる為のお店では御座いません。
見慣れた町ですが、心から楽しんで頂けるよう是非ご旅行に来られたようなお気持ちでの御来店をお勧め致します。
[PR]

by fumi-sama | 2007-06-07 07:38 | Magasin お店の事全般


<< 突然ですが・・・・・      仏・リヨンからの荷物 >>