Un journal de 1ercru

premiercru.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 25日

サフォーク種のF1交配・雌・ホゲット・未交配

ネック・肩ロース・カルビ・バラ・ロース・フィレ・横隔膜
d0089445_744493.jpg

前足・後ろ足
d0089445_7452836.jpg
移転して1年以上経ちますが・・その間ずっと入荷を夢見て農家の方に御願いしていた食材があります。
北海道産の子羊です。。やっと入荷・・・。長かったです。
現在、一般に出回っている仔羊の約9割以上はニュージーランドやオーストラリアからの輸入で残りの1割未満は北海道や他県の国産になりますが。。。その比率と言ったら本当に奇跡に近いぐらい割り当てが少なく、その殆んどは都会や地元で消費されています。ですので長崎の私の元に来た事自体本当に奇跡といいようが無い程、とても貴重な仔羊です。本当は春になればフランス産の乳飲み仔羊を使いたい(昨年、現地でポイヤック産とピレネー産を食べて必ず当店でもっと・・・)と努力をしておりましたが現在、狂牛病の一端から輸入が禁止になっており叶いません。しかし私は仔羊を使いたい・・・でもオースト、ニュージー食材は個人的にあまり好きでは無い・・・。葛藤でした。。
それが努力の甲斐あって北海道産のホゲット(ラムとマトンの間の期間で永久歯が2本生えた大きさ)で未交配の固体で未出産の雌を出荷できますがどうしますか?とお声を掛けてくださいました。。「でも1枝でね」(1頭の半分)と。。迷う暇なく即、注文即納品。。しました。
とても貴重な1頭でどこも引く手数多な状態のお肉を仕入れることが出来ました。現地の牧場からこれから少しずつでよければ1枝毎で発送してもいいですよっとお声も頂きました!

仔羊を今までに食べて、匂いが・・脂が・・苦手と言う方にも是非、試して頂きたい食材です。
血統が良く、餌と環境全てが素晴らしいと臭みも無く、本当に旨みに溢れた食材です。私は個人的には牛の匂いの方が気になります。。

料理は生のラベンダーの葉っぱでで香りを付けようかと思っていましたが、、あまりに状態が良いので今回はそのままの味を味わって欲しいのでジュ・ダニョー(子羊の焼き汁)をソースに変換し軽やかに仕上げます。ストレートな味を感じて欲しいです。
次回以降、入荷があれば季節や気温に応じて少し変化を与えて行きます。

今回も新たに、上質で、手塩にかけて大事に育てられた慈しむべき食材が入荷しました。
本当に幸せな仕事に就けているのだなぁと・・感謝です。

さぁ、御予約受付開始です。
(ちなみに骨付き部分はあと3人前で終了となっております。どうぞ宜しく御願いします)
[PR]

by fumi-sama | 2007-06-25 08:10 | Nourriture 当店の食材の事


<< のどぐろ      お客様の持ち込みワイン(当店で... >>