2007年 07月 21日

アルザスからメール

Bonjour,

Nous avons bien reçu votre fax et nous vous confirmons la date de votre visite à Nothalten le 3 octobre 2007.

Pouvez-vous nous appeler auparavant pour nous préciser l'heure à laquelle vous pensez arriver.

En restant à votre écoute,

Meilleures salutations,

Patrick Meyer
Domaine Julien Meyer
Alsace

9月~10月研修の為、アルザスへ行きます。以前御願いした時から忙しい時期にも関らず、訪問を受け入れてくれるとの良い返事をいただいていましたが確認と挨拶の為に先日FAXを送っていました。メールで返事を頂き今からフランス気分が収まりません。。。あと2ヶ月と9日・・・・。

彼の名前はムッシュ・パトリック:メイエー ドメーヌ・ジュリアン:メイエーの現当主であります。
日本では現在、幸せなことにお金を出せば彼のワインが飲めますが少し前まで幻の生産者で神秘的なワインであると祭り上げられる生産者でした。

何故なら、彼は合った事が無い人や顔を知らない相手へのワインの販売を拒絶し、世界各国から有名なソムリエや3つ星レストランのシェフ、ワイン評論家、評価本から問い合わせやオファーが来るにも関らず、ワインのサンプルを出す事を一切行っていないのです。
昨今、大抵の生産者は喜んでサンプル品を郵送し自信がある自分の仕事と理念の結晶であるワインを世に排出します。(それは至って普通であり悪い事ではないのですが。。)

現在、持てはやされ美味しくも無いビオワインや理論だけ先行している生産者も数多存在する中、実践と理論と彼のセンスが伴い、全てが溶け合った彼のワインは素晴らしいの一言です。
私は、ワインも料理もですが生産過程や理念は一番大事な点だと思いますが、実際美味しくなくては罪であるとまで思います。
それは素人の方や初めて口にする方はそれが美味しい物であると認識するよう努力してしまうからです。

彼の理念の中で私が好きな言葉が「土を醸造家が借りているだけ」と。
世界的に大きな自然界の中で、今、一瞬この瞬間借りさせていただいている。だからいい加減な仕事をしてはいけない。後生に残し伝えていかないといけない」と言う事です。

Merci pour l'e-mail monsieur Patrick. C'est même plaisir que je peux vous rencontrer. Je vous téléphone à le jour antérieur. meilleures amitiés.
[PR]

by fumi-sama | 2007-07-21 07:23 | Magasin お店の事全般


<< ラムカン      Le millefeuille... >>