Un journal de 1ercru

premiercru.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 14日

Filet du veau d'Ibaragi

d0089445_827878.jpg

           枝番号7508 個体識別番号0348805749 産地:茨城県

茨城産の仔牛のフィレ肉が到着しました。お客様に、よく「仔牛!?知っている物よりも血の色が濃い」と言われますがそれらは牧草を食べる前のオーストラリア産の乳飲み仔牛です。(現時点でオーストラリア産の通常の仔牛も流通しているようです)
残念な事に冷凍品も多く、殆んどドリップ(栄養と血の流出)がとても多い商品です。

国産でも偶に業者さんからフレッシュの乳飲み仔牛のオファーを頂戴しますが国産の場合、乳飲み仔牛でも赤身がかっており色も濃いお肉です。
(土地が違い、親のミルクの栄養や環境、月年齢の違い等からです)
勿論国産の場合、仔牛でも乳飲み仔牛でも価格は上等なお肉の価格と殆んど変りません。。
ですので見かける仔牛類は少しお手頃な外国産が多いかと思われます。

当店で使用の国産の牛肉は全て育成段階と出荷前に更なるBSE検査を重ねた上での出荷が基本です。
少量ですが今週の夜の部のお手頃なコースの主菜とさせて頂きます。

本日は毎週火曜日の定休日ですが御予約を頂戴致しておりますので夜の部のみ営業致しております。
残り1組様(2~4名様可能です)お席のご準備が可能です。どうぞ宜しく御願い致します。

[PR]

by fumi-sama | 2007-08-14 08:46 | Nourriture 当店の食材の事


<< 無題      Vosne-Romanee C... >>