Un journal de 1ercru

premiercru.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 26日

domaine Gérard Schueller ドメーヌ:ジェラール・シュレール4

d0089445_7282194.jpg
夜、ご飯を食べているとブルーノが「今年は何か料理は作ってくれないの?」と唐突に言い出した。正直驚いた。余程、去年食べれなかった事が残念だったみたいだ。
ブルーノ夫婦は去年コルマールで演劇を見る予約をしていたので・・・食後のデザートの時にだけ途中参加で食べていたのですが本当に後悔していた様子を思い出します。。去年のその時に私が「来年も来るよ」と言うとブルーノは「収穫の時にね!なんてね」と嬉しそうにウインクしていたので楽しみにしていてくれたのかも知れません・・。
しかし今年はヴァンダンジュリーの数が例年よりも少なく、皆とても疲れており疲労困憊でそれどころでは無く、日々を丁寧に過ごす事に一杯一杯になっているようだったので・・・。
周りの方々も「ブルーノも今はそれどころじゃないと思う。」と言っており、更にはキッチンもクロディーヌが使う分でごった返しており、邪魔になるかと思って「今年は作る事はやめとこうか?」とマダムと話していた矢先だったのでとても驚いていました。(自分達もゆっくりワインを飲み飲みしたかったせいもあって・・)
ブルーノ曰く「コルマール方面に良い魚屋があるから明日、一緒に行こう」と約束しましたが案の定・・次の日の朝は忙しさのあまりに「ゴメン、ママと行っておくれ」との変更。
d0089445_7283466.jpg

丁度その日はコルマールの大きなマルシェが開かれる日だったので、「私達はコルマールのマルシェで他の買い物をするから魚だけ持って帰ってくれる?」とクロディーヌに聞くと「勿論よ」と言う事になったので2台での出発。初めクロディーヌは運転なんて大丈夫かなぁ・・と少し心配でしたがそんな心配も何のその!ハンドルを握った瞬間、目つきと顔が変わり・・・・フランス人の運転そのもの。。アッと言う間に車間距離は開いて行くスピード。。。しかしロンポアン(回転式交差点)などではしっかり私達の車をナビゲートしとても上手。。ウィンカーも早目に出してくれたり、先の先まで考えた丁寧な案内をしてくれました。。
一番の驚きだったかもしれません。。
到着するとクロディーヌは「私もここに来るのは初めてなのよ~。楽しみで楽しみで・・ついついアクセルを踏んだけど貴方達には早すぎた?」とマダム同士楽しそうにペチャペチャおしゃべり。
d0089445_7561696.jpg

[PR]

by fumi-sama | 2007-11-26 07:58 | Magasin お店の事全般


<< domaine Gérard ...      domaine Gérard ... >>