Un journal de 1ercru

premiercru.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 18日

心より御冥福を捧げます

昨日であれから13年も経ったようです。
13年前・・何気ない日常の幸せが一瞬で消え去った災害がありました。阪神淡路大震災です。
あの衝撃は絶対に忘れる事が出来ません。

私は朝まで三宮におり、さっきまで居た場所が倒壊する寸前までそこにいました。運が良かったのだと思います。

見慣れた大きなビルが倒壊し、火災が発生し、沢山の尊い人命が亡くなりました。
その光景は初めて自分の目で見る地獄絵図でした。
家に帰るまでの主要幹線道路は運動場程の大きさで陥没し、横目にする町は数日間火災が収まる事は無く、法と秩序も崩壊した町を横目に家路へと向かいました。
あの時、助けれなかった人や心の傷は一生忘れる事は出来ないと思います。

文章や言葉では1割も言い表せない程の個々の大きな悲しみがあり、それらを乗り越え今の神戸があります。私は神戸を出た人間ですが、本当に大好きな町です。

簡単に言葉の締めくくりは出来ない現実ですので、何とも言いきれません。解決する事のない当時の苦しみを誰もが持っていると思います。

あれがあったから頑張れる人、あの地震のせいで何も出来なくなってしまった人。数え切れないほどいらっしゃると思います。
私はどちらなのだろうか・・・といつも思う時があります。
[PR]

by fumi-sama | 2008-01-18 09:28 | Mon journal 私の私的日記


<< パソコン      Domaine Jacques... >>