2008年 04月 12日

茨城産 lapin(ウサギ)

d0089445_165456.jpg

もう売り切れていますが・・一応、春の新しい食材も入っては終わっている事をお知らせします。
(早めの御予約を頂ければ注文し入荷しますのでお気軽にどうぞ)
国産のウサギです。はい。勿論冷凍ではありません。身もしっかりとした弾力と内臓も入っています。野生のウサギはリエーブルと言いその野性味溢れる血の風味を楽しみますが、こちらはそのジビエ(野生の狩猟した食材)では無く、飼育で育てた家ウサギのラパン。臭みも全く無く、脂も殆んど無いので、どうかすると鶏肉よりも食べやすくヘルシーです。春を告げる食材としてフランスでは好んで食べられます(年中、普通に朝市等に近くの農家から持ってきて店頭に並べていますね)
一匹丸で来ますので解体処理後を写しました(大切な命を大事に食べる為の作業です、お間違えの無いように)一応、頭の部分は配慮して骨の下に隠しました。。

骨もしっかりと焼いてソースに。何処も余す事無く、命ある食材として敬意を払って食します。
余る事無く売れるかなぁ・・・と心配でしたがそんな心配も何処吹く風やら。皆様意外と、新しい食材を楽しみにお待ち頂いている事を確認できてとても嬉しい限りです。
以前に食べて美味しかったから、シェフにお任せします、どうせなら普段食べれない食材を食べたいから・・と動機は様々ですがありがとう御座いました。

偶に御予約のときにお客様から「普通のお肉が良いです」と。当店が変ったお肉ばかりのイメージが付いているような気もしますが・・・。
勿論普通のお肉も常時、準備致しておりますので御安心下さいませ。今日現在では十和田湖産の短角牛フィレと徳島のスダチ牛のランプ肉が御座います。

[PR]

by fumi-sama | 2008-04-12 16:47 | Nourriture 当店の食材の事


<< ランス(シャンパーニュ)に到着      エペルネの街~ランスへ移動 >>