Un journal de 1ercru

premiercru.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 05日

ストラスブール~ランス~エペルネへ

d0089445_820230.jpg
ストラスブールに戻り、レンタカーを返却しTGVでストラスブール~シャンパーニュ地方へ向かいます。
去年来た時にはまだ工事中で全貌が全く判らなかった駅ですが。。。こんなに立派になっていました。(しかしまだまだ工事中)
駅自体は2重構造になっており、昔の歴史ある駅舎の外側を革新的な新しさで覆っております。一部の地元民の間ではあまり評判が良くないこの駅ですが私から見るととてもリアルな未来感と過去の歴史的な良い物を大事に残し利用しようとする意思が伝わりとても素晴らしい駅だと感じます。
d0089445_8201316.jpg

中間の構造はこんな感じ。
ストラスブールに新しい名所ありとも思える場所です。陽の当たる暖かな日には敷地内の広場でみんなのんびりし、家族との時間を大事にしたり、各々読書をしたり、何をするでもなくノンビリする光景が眩しかったです。来年又、ゆっくり来れたらいいなぁ。と又、現実逃避。
[PR]

by fumi-sama | 2008-01-05 08:35 | Magasin お店の事全般
2008年 01月 03日

明けましておめでとう御座います。

皆様、2008年が始まりました。今年もどうぞ宜しく御願い致します。
本当は明日(4日)からの営業の予定でしたが・・・・・。本日、3日に御予約が入ったので今日からの営業となりました。お昼の営業は9日からの予定です。宜しく御願いします。

昨年の10月にシャンパーニュ地方へ勉強に行っていたのですが、その時にランスにあるシャンパンメーカーのポメリー社が運営するお城、シャトー・レ・クレイエール(2004年にヨーロッパ内で最も素晴らしく、全てのホテルの頂点に立つホテル・レストランの栄光に輝いたシャトーです。)への滞在を致しました。
もともとは娘のルイーズ・ポメリーの為に建てられたとても贅沢なお城なのですが今では世界中の美食家を魅了し、一生涯で一度だけでも宿泊してみたいと憧れる存在のシャトーです。
そこのスーシェフ(現場を統括する2番手のシェフ)が「正月には貴方のお店に遊びに来るよ」と言ってくれていたのですが・・・内心・・ホンマかなぁ。。と疑っておりましたが!
本当に今日御来店下さる事になりました。ですので本日はお店を貸しきっての営業となります。

さて、今年は私にとって激動の年になると思っております・・・。今まで私の支えになって下さった身近な方やお客様本当にありがとうございます。本当に感謝いたしております。
これだけのお店へと成長出来たのも皆様の支えがあってこそです。
今後、お店の営業の形は変ってしまうかと思いますが、その御恩を忘れる事無くこれからも頑張りますのでどうぞ宜しく御願い致します。
[PR]

by fumi-sama | 2008-01-03 08:38 | Magasin お店の事全般