Un journal de 1ercru

premiercru.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 09日

Hautes-Cotes de Beaune 2004 Domaine Chassorney

d0089445_835696.jpg

リリースから少し経った程度の時に飲み、とてもピュアで濃密でフリーランで丁寧に凝縮された果実のイメージだったワインですが先日の試飲では熟成第一段階に突入時点でした。(美味しかったです)
2004年がリリースされた時にAOCを遥かに超え、同じAOCのワインの中で郡を抜く最高のワインと評価されていましたが若い時には緻密感とギュッと絞った焦点がピッタリ合っており本当に美味しい程度でしたので(私の未熟さですが))普段ワインを飲まない方にも無難に美味しいですとお勧めできる程度でしたが、感動できるレベルにまで達するワインであったと思います。
今になってそれらの評価の意味が判ります。本当に美味しかったです。おそらく購入時の価格の倍以上の価値があるワインだと・・・・・今になって物憂げに感じます。
[PR]

by fumi-sama | 2007-07-09 08:18 | Vin ワインの事


<< chevrillard      ピンボケですが。。 >>